ぐれーとうまくんのComfort Zoneを超えて

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年の振り返り

<<   作成日時 : 2013/12/31 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は大晦日。
リベンジマッチは船江五段が勝利。
見事な締めくくりでした。

さて、今年もいろいろイベントやりました。
日経ビジネスイノベーションフォーラムは今年は東京、大阪で開催。
東京は渡辺二冠と矢内女流、大阪は羽生三冠と矢内女流の対談。

ビジネスマンを対象に、棋士が次の一手を決断する思考プロセスを解き明かすことでビジネスに活かしてもらおうという趣旨のイベントです。
事前に、羽生三冠、渡辺二冠、矢内女流と打ち合わせをして大体のストーリは決めましたがほとんど矢内さん頼みといった進行でした。羽生三冠、渡辺二冠の話をうまく引き出してくれた矢内さんには本当に感謝しています。

今回、渡辺二冠がこういったセミナーで話をするのを初めて聞きましたが矢内さんの質問に対して間髪いれずに明確に回答されていて矢内さんも「渡辺さんが凄いのは知っていたけど本当に頭がいいと思いました。」とおしゃっていてまさに自分も同感でした。

リコー杯の前夜祭は大阪、東京、静岡で開催。
せっかくタイトル戦を将棋会館以外でやるのだからなるべく多くのファンの方と触れ合う機会をつくろうと思っています。
今回の大阪は谷川会長、羽生三冠、久保九段、山崎八段をはじめとする棋士の方々、むろむろ三姉妹に長谷川女流、北村女流に東京から清水女流、矢内女流に参加していただきました。
そしてスペシャルゲストで井山六冠に来ていただきました。

山崎八段から矢内女流への花束贈呈、羽生さん井山さんの対談など印象に残っています。
会場の盛り上がりが本当に凄くて、カメラのフラッシュの嵐でした。
このイベントは一生忘れないと思います。

そして加藤女流王座に里見女流三冠が挑戦した五番勝負。
二人の将棋に対する真摯な姿が伝わってきていつまでもみていたかったです。
第3局の感想戦で涙をこらえながらも必死になって最善が何だったを追い求めている加藤さんの姿は忘れられません。
対局場となった芝苑、明治記念館、浮月楼はどこも素晴らしい対局環境でまたここでやりたいと思いました。

第1局は将棋世界の観戦記をかかせていただきましたが昔からタイトル戦の観戦記を書くのが夢だったのでとても嬉しかったです。

さて、ざっと振り返るとこんな感じです。
本当に多くの方々にお世話になりました。

来年の最初のイベントは2月6日に行われる里見女流王座の就位式です。しっかり準備をして臨みたいと思います。

自分ができることは環境を整えることだと思っています。
対局者が気持ちよく対局できるように。出演する棋士や女流棋士の方々が気持ちよくできるように。みているファンの方が楽しめるように。
そして、将棋という文化がもっともっと発展していけるような環境を整えられたらと思います。

来年もよろしくお願いいたします!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
2013年の振り返り ぐれーとうまくんのComfort Zoneを超えて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる