JISAコンベンション 前編

昨日は経団連会館でやってたJISAコンベンションに参加しました。http://www.jisa.or.jp/
こないだ矢内さんの女王就任式に行った時にJISAの方から招待状もらいました。
ちなみにうちのグループ会社もJISAの会員みたいです。

座談会の「モンテカルロ法と囲碁・将棋ソフトの人智超え」が興味深かったです。
囲碁・将棋ソフト開発者の山下さんと囲碁棋士の王九段。司会が矢内さんでした。

簡単に内容を説明すると将棋のソフトはボナンザの出現により全幅検索(想定できるあらゆる指し手を評価する。)が主流になっていたがこの手法だと囲碁ではいきづまるらしいです。
そこで取り上げられたのがモンテカルロ法です。
モンテカルロ法とは乱数を用い、過去にその局面でどの手を打つのが勝つ確率が高いのかを分析し確率が高い手を選択します。
←間違ってたらすいません。

プロの棋譜を何万局とデータに取り込みそれをもとに分析するとのことです。

モンテカルロ法は最近、注目されるようになった手法で今までは将棋の方がはやく名人においつくとされていたがこの手法によりもしかしたら囲碁の方がはやくたどりつける可能性がでてきたとのことです。
実際、山下さんは囲碁の方がはやくたどり着けるといってました。

内容も素晴らしくまた、矢内さんの機転の良さと王さんの人間味あふれる話に引き込まれました。

その後はシンクロの井村さんによる特別講話を聴きました(後編に続く予定)



この記事へのトラックバック