アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ぐれーとうまくんのComfort Zoneを超えて
ブログ紹介
こんにちは。うまくんです。
リコーの将棋部に所属しています。
将棋を小学校3年生の時に覚え、大学時代にはオール学生選手権優勝と学生王座戦で優勝することができました。
学生将棋出身者で結成した「くるくる」という集まりで楽しい将棋ライフをおくっています。きままに書きたいと思っていますのでぜひ読んでください。
2010年11月21日よりブログ名を「ぐれーとうまくんのComfortZoneを超えて」に変更にしました。
zoom RSS

電王戦、結婚式など

2014/03/23 21:21
昨日は、電王戦第2局に紳哉さんの応援に行ってきました。
場所は両国国技館。土俵の上でやるのかと思ったのですが、土俵は相撲以外は禁止とのことで土俵はありませんでした。

結果は残念でしたが、見落としから一気に持ってかれそうな場面での紳哉さんのがんばりに感動しました。

画像


先週の火曜日はアップルストアで行われた電王戦イベント中村太地六段×山本一成さんのトークイベントに行ってきました。
アップルストアでのイベントは以前に羽生さんがいらしゃった時、以来だったと思います。
お客さんも学生や若い女性の方が多く、とても新鮮でした。
新しい将棋ファンを増やす意味でもぜひこのアップルストアでのイベントは続けていってほしいですね。


先週の日曜日は及川五段と上田女流の結婚式に参加しました。
棋士や女流棋士の方が大変多く参加していて、新郎側の主賓の挨拶が佐藤康光棋士会長、新婦側が矢内女流棋士会長というまさに将棋界一色の式でした。

佐藤慎一さんのギター、鈴木肇くんのスピーチはとても心がこもっていて感動しました。
本当にお似合いのカップルだと思うのでいつまでも幸せでいてくださいね☆

画像


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


くるくる将棋合宿

2014/02/24 01:28
昨日から1泊2日で湯河原に毎年恒例のくるくる合宿に行ってきました。
くるくるとは、自分が学生の時に、気の合う将棋仲間で集まった団体です。
自称を含めたアマ強豪が多いです(笑)


毎年、合宿をやっているのですが気づけば今回で15回目です。
何年かぶりに会う人もいるのですがみんなほんと変わらないですね。

今回はゲストで女流棋士の山口さんと渡辺さんが参加してくれました。

同窓会って感じで昼間はくるくる名人戦をやった後に、食事してみんなでお酒飲みながら将棋やったり、麻雀やる人もいたりと思い思いに過ごしています。

昔は徹夜する人も多かったのですが、3時位にはほとんどみんな寝たり、次の日は近くの梅園を見に行ったりするあたりはみんな歳とったって感じですね(笑)

また10年後、20年後、30年後と変わらず続けられたらと思います。

なんだか原点に返った気持ちになってとても楽しかったです☆
将棋ウォーズの林さんがみんなで記念写真をとろうということで、おそらく初の集合写真です。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第26回リコー杯アマチュア将棋団体日本選手権

2014/02/16 22:19
昨日行われた、日本選手権は、早稲田4−3リコーで早稲田大学の優勝。
早稲田の優勝は17年ぶりで、おめでとうございます。
大雪の影響で早稲田の選手が一人これなかったのはとても残念ですが、なんとか他は大きなトラブルもなく
終えることができました。

初めてニコ生で中継したのですが、山口女流の進行が素晴らしかったこともあり、評判もよかったようで何よりでした。出演していただいた屋敷先生、勝又先生、中村太地先生に、とても感謝しています。

今回、悩んだのがニコ生向けにこれまでの日本選手権の段取りといくつか変更したこと。

1.事前にオーダーを公開
2.先後を事前に決定
3.対局をチームメイト7人が横に並ぶ形からそれぞれの対局を独立して7局実施

特に3については、団体戦はチームメイトが7人横にならぶからこそ雰囲気がありそこに価値があるのではないかと思っているので、抵抗はありました。

些細なことかもしれませんが、これまで先輩方が25年間積み重ねてきた伝統と何より15年ぶりに出場した早稲田のメンバーがどう思うかが気になりました。

注目されて、露出が増えていくのはいいことですが、軸がぶれるとこれまで積み重ねてきたものが崩れてきてしまうことがあります。

何事もそうだと思いますが、これからも「変えてはいけないもの」と「変えていくべきもの」を見極めながら進めていきたいと思いました。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第3期リコー杯女流王座就位式

2014/02/08 14:34
第3期リコー杯女流王座就位式を2月6日にホテルニューオータニで開催しました。
約350人が集まる盛大な会となりました。
里見さんは振り袖での登場です。
髪飾りは里見さんのお母さんが持ってきてくれたもので、とてもお似合いでした。
司会は福山アナ。
いつもながら安定感があり、場を盛り上げてくれる福山さんの司会は今回も素晴らしかったです。

画像

谷川会長から就位状授与

就位状授与は谷川浩司会長から渡されたのですが写真をとるお客様があまりにたくさんいたため
右、真ん中、左と3回にわけて記念写真をとりました。


画像

高橋和女流三段から花束贈呈。

花束贈呈は高橋和女流三段。直前に流した映像で里見さんが小さい頃に高橋さんと詰め将棋を
毎日解くことを約束しているシーンがでてくるのですが、これをつくっているうちにぜひ花束贈呈は
高橋さんにお願いしたいと思い依頼したところ快諾していただきました。


画像

里見女流王座の謝辞

「今回のシリーズほど自分の力を出しきれて充実感のあったシリーズはなかった。
感謝の気持ちを忘れずに前に向かって進んでいきたい。」

画像

里見女流王座と佐藤康光棋士会会長による五番勝負解説

五番勝負解説は、里見さんが一番印象に残った将棋という第3局に。
解説は佐藤康光棋士会会長です。


画像

矢内女流棋士会会長による閉会の挨拶

そしてトリの挨拶は矢内理絵子女流棋士会会長。着物姿がとても素敵でした。

今回、登場シーン、プロモーションビデオ&里見さんのヒストリー、エンドロールと3部構成で映像を
流したのですが、最後に会場の方々から大きな拍手をいただけてとても嬉しかったです。
これで、第3期は終了です。第4期もよろしくお願いいたします。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


謹賀新年

2014/01/03 20:05
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年は、10月からセミナー、女流王座戦関連イベントでバタバタでした。
今まで人生のなかでもこれだけイベントが続いたのは初めてでした。
どのイベントも滞りなく終えることができてホッとしています。

さて、年末は忘年会がいくつかありましたが正月は特に予定もなく、箱根駅伝みたりジムにいったりでのんびりしています。

今年はいろいろなことにチャレンジしたいです。最近、苦手なことをやらなくなってきているので改善したいと思っています。

女流王座戦は来期で4期目です。
これまでは「まだ始めたばかりなんで」という言い訳もありましたが、もうそれも通用しません。
もっともっと発展させていきたいですね。

PCも新しく買ったので今年はもっとブログを更新していきたいと思います。

ではまた〜。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2013年の振り返り

2013/12/31 20:54
今日は大晦日。
リベンジマッチは船江五段が勝利。
見事な締めくくりでした。

さて、今年もいろいろイベントやりました。
日経ビジネスイノベーションフォーラムは今年は東京、大阪で開催。
東京は渡辺二冠と矢内女流、大阪は羽生三冠と矢内女流の対談。

ビジネスマンを対象に、棋士が次の一手を決断する思考プロセスを解き明かすことでビジネスに活かしてもらおうという趣旨のイベントです。
事前に、羽生三冠、渡辺二冠、矢内女流と打ち合わせをして大体のストーリは決めましたがほとんど矢内さん頼みといった進行でした。羽生三冠、渡辺二冠の話をうまく引き出してくれた矢内さんには本当に感謝しています。

今回、渡辺二冠がこういったセミナーで話をするのを初めて聞きましたが矢内さんの質問に対して間髪いれずに明確に回答されていて矢内さんも「渡辺さんが凄いのは知っていたけど本当に頭がいいと思いました。」とおしゃっていてまさに自分も同感でした。

リコー杯の前夜祭は大阪、東京、静岡で開催。
せっかくタイトル戦を将棋会館以外でやるのだからなるべく多くのファンの方と触れ合う機会をつくろうと思っています。
今回の大阪は谷川会長、羽生三冠、久保九段、山崎八段をはじめとする棋士の方々、むろむろ三姉妹に長谷川女流、北村女流に東京から清水女流、矢内女流に参加していただきました。
そしてスペシャルゲストで井山六冠に来ていただきました。

山崎八段から矢内女流への花束贈呈、羽生さん井山さんの対談など印象に残っています。
会場の盛り上がりが本当に凄くて、カメラのフラッシュの嵐でした。
このイベントは一生忘れないと思います。

そして加藤女流王座に里見女流三冠が挑戦した五番勝負。
二人の将棋に対する真摯な姿が伝わってきていつまでもみていたかったです。
第3局の感想戦で涙をこらえながらも必死になって最善が何だったを追い求めている加藤さんの姿は忘れられません。
対局場となった芝苑、明治記念館、浮月楼はどこも素晴らしい対局環境でまたここでやりたいと思いました。

第1局は将棋世界の観戦記をかかせていただきましたが昔からタイトル戦の観戦記を書くのが夢だったのでとても嬉しかったです。

さて、ざっと振り返るとこんな感じです。
本当に多くの方々にお世話になりました。

来年の最初のイベントは2月6日に行われる里見女流王座の就位式です。しっかり準備をして臨みたいと思います。

自分ができることは環境を整えることだと思っています。
対局者が気持ちよく対局できるように。出演する棋士や女流棋士の方々が気持ちよくできるように。みているファンの方が楽しめるように。
そして、将棋という文化がもっともっと発展していけるような環境を整えられたらと思います。

来年もよろしくお願いいたします!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リコーFacebook詰め将棋2

2013/12/22 20:56
先週、リコー詰め将棋2をリリースしました。
http://www.shogi.or.jp/topics/2013/12/facebook-2.html

今回は日本将棋連盟女流棋士会と協力してすべての問題に女流棋士の方からヒントがついています。
そして問題の8割は某女流棋士の方につくってもらいました。
問題は一手詰から七手詰まであるので初心者の方も有段者の方もチャレンジしてください。
解いていて爽快感のある問題ばかりです。

さて、リコー杯女流王座戦は挑戦者の里見さんが3勝1敗で女流王座を奪取。
新しい女流王座が誕生しました。

第1局から第3局まで内容的には加藤さんが押していましたが、なかなか土俵をわらない里見さんの粘り強さが光ったシリーズだったと思います。

今月の将棋世界にも書きましたがこの二人の勝負はまだはじまったばかりです。
これからどんなドラマを二人でつくりあげていくのか楽しみですね☆。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第3期リコー杯女流王座戦前夜祭第3局

2013/12/08 16:29
リコー杯第3局前夜祭の模様を写真を中心にレポートします。

入場シーン
画像


司会の福山さん
画像


展望を語る棋士、女流棋士の皆さん
画像



矢内さんとチヒロール
画像


花束を持って記念撮影
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第3期リコー杯女流王座戦五番勝負・イベント

2013/09/08 19:58
第3期リコー杯女流王座戦の挑戦者決定戦が9月6日に行われ、里見香奈女流四冠が本田小百合女流三段を破り、加藤桃子女流王座への挑戦権を獲得しました。

将棋は大熱戦から本田女流三段がはっきり勝ちの局面になりましたが、最後の最後で痛恨の見落としがあり里見四冠が辛くも勝利しました。
普段の本田さんならまずは逃さない展開だっただけに、相当のプレッシャーが影響したのでしょう。
大変残念でしたが、昨年の挑戦に続き里見四冠をここまでいつめたのは本当に素晴らしかったと思います。

さて、加藤桃子女流王座との五番勝負は10月26日(土)に大阪の芝苑で開幕し、第2局は明治記念館、第3局は静岡の浮月楼で行われます。
これから先、何度も戦っていくことになるだろう両者の初めてのタイトル戦になります。
各地で前夜祭、駒桜イベントを企画していますのでぜひご参加ください。

詳細はこちら⇒http://www.shogi.or.jp/topics/2013/09/3-18.html

今回は高級料亭シリーズといった感じで、すべて下見に行きましたがどこも大変に素晴らしい対局環境だと思います。

大阪の駒桜イベントは出演する、長谷川さん、香川さん、室田さん、室谷さんの四人が企画してくれました。
正直、ここまでサービスしていいの?っていう位の手厚い内容ですのでこの機会にぜひご参加ください。

東京のイベントは昨年に引き続き明治記念館。緑の芝生がみえる素晴らしい環境で一日将棋をお楽しみください。出演者は清水さん、矢内さん、上田さん、藤田さん、山口さん、飯野さん。飯野さんは10月に女流棋士になって初めてのイベント出演になるかも知れません。

静岡は平日ですが、矢内女流棋士会長の講演会があります。テーマは「成功に導く思考法」
矢内さんが将棋を通じて学んだことを語ってもらいます。駒桜イベントは室谷さんが出演してくれます。

そして今回、初めての試みとして前夜祭をすべて一般募集します。
皆さんに楽しんでいただけるような企画や演出を考えていますのでぜひご参加ください。

どうぞ、宜しくお願いします!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


女流王位戦

2013/06/18 01:30
女流王位戦は甲斐さんが里見さんをフルセットで破り見事に奪取。
正直、最近の里見さんの充実ぶりから5番勝負で3回勝つのはとても難しいというのが大方の予想でしょう。
振り返ってみると第4局の逆転勝ちが大きかったように思えます。

第4局、第5局の甲斐さんの終盤の冷静さが見事だと思いました。
よくなってからも慌てず里見さんの攻めを見切って、確実に勝ち切ったという印象があります。

甲斐さんは同じ時期にアマチュアの方に負けたり、棋士に勝ったりと不思議な感じですね(笑)

里見さんは13期連続でタイトル戦負けなしだったとのことでこれもすごい記録です。

ただ、囲碁の井山さんにもいえるかも知れませんが全冠制覇というのはやはりとても難しいことですね。

これからの活躍に期待ですね!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0


第3期リコー杯女流王座戦一次予選

2013/05/20 00:01
昨日、第3期の女流王座戦が開幕しました。
今回は、アマチュア選手の2名がプロに連勝して予選を突破するなど活躍が目立ちました。
海外招待選手のカロリーナさんも昨年に引き続き勝利しました。

会場には、前日に対局だった谷川会長も来ていただきました。『すごい緊張感で対局場に入りづらいです。』とおっしゃってました。
カロリーナ選手の取材に大勢の報道陣が来ていました。
囲み取材の通訳は去年に引き続き勝利、同僚の菊田さんにお願いしました。
『好きな日本食は?』の質問に対して、『北尾さんがつくったカレーライス』と答えていたのが印象的でした。

二次予選は6月からはじまりますので、引き続き宜しくお願いします。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


電王戦で受けた衝撃

2013/04/21 21:09
電王戦が昨日で終わりましたが、今回感じたことについて書きたいと思います。

第1局 阿部さんが完璧な内容で完勝。正直、コンピューターもまだまだだなと思ってました。

第2局 佐藤慎一さんが敗れました。ただ、内容的にはプロ側がよかった局面が多く、終盤も2、3転していたことから、コンピューターもまだまだ完璧でないんだなという印象がありました。

第3局 船江さんが惜敗。個人的に今回、一番衝撃を受けました。コンピューターが人間からみるとかなり無理な仕掛けをしてこんなんでよくなるのか?と思っていて、ニコ生解説の鈴木大さんの解説からも楽勝ムードかと思ってました。
実際、船江さんが気持ちよく相手玉を攻めていたと思いましたが、ボンクラーズの評価はコンピューター良し。
そして局面が進むに連れ、船江さんの長考が目立ち、必死に考えている姿からは「何故こうなったんだ?」という気持ちがあらわれていました。
いいと思っていた局面が実際にはよくなかった。これは今回、本当に衝撃を受けました。

第4局 引き分け 塚田さんの執念をみました。これほどまでにこの対局に懸けていたんだと感動しました。ただ、将棋の内容はコンピューターの完勝ペースといってもよく、ここまでやられちゃうんだなと感じました。

第5局 三浦さん負け。これまでの感覚では無理だと思っていた仕掛けが実際には難しかった。
評価関数もコンピューターよしで、とうとう三浦さんがよくなる時はありませんでした。実際にコンピューターの細い攻めをつなげる技術は凄かったです。

今回、衝撃だったのはこれまでの常識から、いいと思っていた局面が実際には難しい又は悪かったこと。
そしてそれを評価関数が反映していたことです。


自分はこれまで将棋において、コンピューターと人間の一番の違いは、形勢判断(その局面がいいのか悪いのか?)だと思っていて、そこがコンピューターが人間においつけない部分だと思っていました。
いくら手が読めてもその時の局面の形勢判断が悪ければなんの意味もありません。

ただ、今回はその形勢判断の部分でもコンピューターが人間を上回っていた場面があったと感じました

これまでの常識が覆されたようで、そこが今回の電王戦のなかで一番の衝撃でした。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 0


第3期リコー杯女流王座戦東日本予選

2013/04/01 22:01
昨日、第3期リコー杯女流王座戦アマチュア東日本予選が行われました。
2月に就位式がありましたが、あっという間に第3期のスタートです。

自分は朝からみていましたが、プロでも最先端の相矢倉の最新形や一手損角替わりなどが指されていて驚きました。居飛車が増えてきたなと感じました。

全体的にレベルはあがってきたと感じました。
あとは中盤から特に終盤の力がもっとあがってくればいいですね。

代表は和田あきさん、中澤沙耶さん、小澤あざ美さんの3人。
ぜひ一次予選でも活躍してほしいです。

西日本のアマ予選は4月27日に関西将棋会館で行われます。
申し込み締め切りは4月8日ですので、宜しくお願いします。

画像


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


第3期リコー杯女流王座戦

2013/03/04 23:51
第3期リコー杯女流王座戦が、3月31日のアマチュア東日本予選を皮切りにスタートします。
http://www.shogi.or.jp/topics/2013/02/post-698.html

今回もさまざまなイベントを企画していきたいと考えています。

一番の目的は、新しい将棋ファンを獲得していくこと。

ハードルは大きく2つあります。

1.どうしたらイベントに来ていただけるか?
「おもしろそうだからいってみたい。」そう思えるような企画が必要になります。

2.実際にきてみて楽しかったのか?
はじめての人が来ても楽しめるような内容。新しい人が参加しやすいような環境をつくることが重要です。

これができれば確実にファンの方が増えていくと思います。

何事もはじめが肝心です。
初めて参加したイベントが楽しくて満足のいくものだったのか、時間の無駄でつまらないものだったのか。それによって、今後将棋ファンになるか将棋から遠ざがってしまうのかが決まってくると思います。

昨年の五番勝負の第2局で、本田さんの地元の水戸から明治記念館のイベントに参加してくれた方がいらっしゃいました。本田さんに聞いたところ、将棋イベントに初めて参加してくれた方で、とても喜んでくれたとのことでした。

大盤解説会場から戻るときに、「知ってる人が応援にきてくれた。」っと嬉しそうに語ってくれた本田さんの表情は今でも印象に残っています。

自分にとっては数あるイベントのうちのひとつかもしれないけれど、来てくれる方にとってはひとつひとつが、かけがえのない思い出として残る。

そういう意識をもって、取り組んでいきたいと思います。






記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


くるくる合宿

2013/02/27 00:47
先週、土日は湯河原の杉の宿で合宿してきました☆。
学生時代の将棋仲間が中心で約20人集まっての合宿です。

みんな気心がしれた仲間ばかりで気を使わなくていいのでほんと楽しかったです。
将棋は何故か準優勝と予想外の好成績でした。

夜はお酒を飲みながら囲碁打ったり、麻雀やったりまったりと。
最近、疲れてたので自分はわりとはやめに寝てしまいました。

杉の宿は会社の合宿でも使っているので、もう20回以上はきています。また2週間後にくる予定です(笑)

写真は宿の近くの梅園です。
まだ3分咲くらいです。

2週間後はもっと咲いてるかな。

画像


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0


リコー杯女流王座就位式

2013/02/17 21:50
2月13日にリコー杯女流王座就位式が行われました。
約300人の方々に参加していただき大盛況でした。
加藤桃子女流王座のスピーチは前回に引き続き素晴らしかったです。
会場全体が引き込まれていくのがわかりました。

今回はリコーのお客様が約70人参加してくれました。前回は15人位だったのでだいぶ増えました。
だんだん社内でも将棋イベントが定着してきてるのが実感できてとても嬉しかったです。

今回の就位式は相当気合入っていてかなり前から準備してきました。上海ができなかったのでその分も取り戻したいという気持ちもありました。

同じことをやるのは成長がないので来期は今回よりも、もっとクオリティが高い内容にしていきたいと考えているのですがそれができるか今はちょっと不安です。
まあ、まだ1年あるんでがんばります。

画像
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


就位式

2013/01/27 23:11
先週は、就位式に3連チャンで行ってきました。
竜王戦就位式、囲碁の本因坊就位式、囲碁の王座就位式。
竜王の場慣れしたスピーチ、謝さんのとても素敵な着物姿。幸せな井山夫妻がみれてこちらまで幸せな気分になりました☆。

関係者の皆様、お疲れさまでした。

画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


女流名人戦第1局

2013/01/19 23:12
今年、最初の更新です。
先週は、女流名人戦第1局の観戦を目的に出雲にいってきました。
先日、退職された元将棋部長から及びがかかり仲間を誘ったところ、せっかくなので行こうということで話が盛り上がり総勢4名で行ってきました。

出雲といえば出雲大社!ってことでまずは行ってきました。壮大なスケールに圧倒されました。
出店で食べた蟹汁がとてもおいしかったです。
縁結びの神様ってことだったんで、いろいろとお願いしてきました(笑)
その後はワイナリー行ったり、あれやこれやと。

今回、一番驚いたのは出雲の将棋熱。もちろん、里見さんの地元だということが大きいのですが、地元のテレビ、新聞。解説会は300人近くがきていたしで、すごい盛り上がりでした。

将棋は大熱戦で上田女王の終盤の強さがでていたと思いますが、最後に勝ちを逃してしまいました。
明日からの第2局も目が離せないですね。

しかし、食事がおいしすぎて食べすぎました。
海鮮系がすごくおいしかったです。

出雲は飛行機でいけば羽田から1時間ちょっとで空港からも30分程度と近いことがわかったのでまた機会があれば行きたいですね☆

解説会の様子

画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


2012年振り返り

2012/12/30 23:12
2012年も残すとこあと一日です。
女流王座戦の話題を中心に今年を簡単に振り返ってみたいと思います。

1.第1期リコー杯女流王座就位式

文字どおり、初めての就位式です。自分が手がけたイベントのなかでも、特に困難で失敗できないというプレッシャーがかかりました。
会社の予算で立ち上げたリコー杯女流王座戦がどういう形になったかをを初めて社長、役員、お客様にお披露目する。
これまでの経験から将棋をよく知っているファンの方々の反応は予想ができたのですが、あまり馴染みのない人達がみた場合、どういう反応をされるのか?
正直怖かったです。

加藤桃子女流王座の歴史に残るスピーチをはじめ、演出もうまくいき、本当にほっとしたのをよく覚えています。

2.カロリーナの衝撃

ポーランド人のカロリーナが外国人として初めて女流棋士に勝ちました。高群さんとの将棋は素晴らしい内容でした。終盤、カロリーナが勝ちになりましたが、付き添いの片上六段が気が気でない様子がよく伝わってきました。
最後、即詰みに討ちとったときは新しい歴史が誕生したと興奮しました。
そして異国の地でこれほどまでに将棋が強くなれるんだと感動しました。

3.本田女流三段が挑戦

五番勝負には本田女流三段が挑戦しました。
女流棋士になってから20年目の初挑戦。自分と歳も近いことから素直に嬉しかったです。

4.上海対局中止

第2期の五番勝負第1局の予定地だった上海対局が日中間の影響により中止になりました。
上海の許建東さんを中心に入念に準備をしてきただけに本当に痛かった。
対局の準備はもちろん、現地のマスコミの集客や前夜祭の演出等も準備を進めていました。
準備をしてくれた許さんには本当に申し訳なかったなと今でも思っています。
対局はできませんでしたが、子供大会は無事に開催。
自分も現地に行きましたが、運営がとてもスムーズで子供達が一生懸命にやっている姿をみて感動しました。
いつか上海でやりたいと思います。

5.思い出の地で加藤桃子女流王座防衛

加藤桃子女流王座が3連勝で防衛。
学校での対局ということで、正直不安も大きかったのですが藤枝明誠さんの学校をあげての協力により無事終えることができました。関係者の皆さんには本当に感謝しています。
防衛を決めた直後の放心状態だった女流王座をみて、この戦いにかかっていたプレッシャーの大きさを感じることができました。

<最後に>

自分はこの女流王座戦を通じて、将棋というものが社会に対してどれ位、価値があるものなのかを追求していきたいと考えています。
そしてその可能性を探るために新しいことに挑戦し、新しい価値を見出していきたいと思っています。


自分は女流王座戦の担当ですが、企業ですのでいつ人事異動があってもおかしくありません。
いつか来るその時のために、女流王座戦の価値を最大限に高め、ひとつのビジネスモデルを確立していきたいと思っています。
一年、一年。1つ、1つのイベントが勝負です。。

来年もがんばりたいと思いますので宜しくお願いします。

それではよいお年を!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


米長会長との思い出

2012/12/23 04:12
米長会長とお話させていただくようになったのはリコー杯女流王座戦の設立が決まった2011年の1月だった。
社内で棋戦立ち上げが決まってから、詳細をつめていく段階。
一番重要な棋戦のコンセプト、参加資格、持ち時間、棋戦方式、対局料、対局場所などを一ヶ月あまりで決めなければいけず大変な時期だった。

連盟に当時、渉外担当だった青野先生宛に電話をかけたら、でられたのが米長会長。
恐縮しながら名乗ると、「ここで私が電話に出たのも何かの縁なので二人で食事をしましょう。」とおっしゃられ、千駄ヶ谷駅前近くのお店で食事をすることに。

米長会長からは、斬新なご提案をいくつかいただきなかには正直、困ったこともあったのだが、それだけこのリコー杯のことを考えてくださっているというのが嬉しかった。
その後も何度かお会いしたり、電話をくださったり、今ではとても懐かしい思い出だ。

そして、2月某日には青野先生、上田さん、矢内さんとリコー本社にご挨拶にきていただき、社長以下、役員の方々と話をしましたが、巧みな話術でみんな米長会長のファンになっていった。

印象に残っているのは、羽生さんにセミナーをお願いしたいと申し出た時、米長会長から「羽生もいいけど、ここにいる米長もなかなかいい話をするんですよ。」とおっしゃっていただき、それではとのことで大阪でのセミナーの講師をやっていただいた。
また記者会見やことあるごとに米長会長にご出席いただきました。

最後にお会いしたのが今年10月に行われた日経フォーラム。

講師をお願いすることは企画した5月から決まっていたのですが、体調が優れないのを察して、「会長にはぜひお願いしたいのですが、体調が心配ですのでご無理しないでください。」と話をしたところ、「ここは俺が責任を持ってやる。」とおっしゃっていただきました。

当初の講演時間は50分だったのですが、体への負担を考えて30分にすることに。
会長のことだから「なんで羽生さんが1時間なのに俺が30分なんだ。」っていわれないかなとか、その時になんて言おうかなとかまで考えていたのですが、「お気遣いいただきありがとう。」と言われほっとしたのをよく覚えています。

そして、当日。
本当に素晴らしい講演で200人あまりの聴衆がみんな米長会長の話に引き込まれていました。
帰り際に上司とお礼のご挨拶にいったのですが、その時に自分のことを見つめてくださり「どうだ、よかっただろう?」と言いたげなあの表情が今でも思い出されます。

米長会長は、こんな下っ端の自分にもいろいろ話を聞いてくださり、また気遣っていただきました。そしてお会いすると「これはこれは」といつも優しく声をかけてくださりました。

米長会長、本当にお世話になりました。そして、ありがとうございました。

思い出の写真はこの一枚。
2年前の王位戦の表彰式だったのですが、記念写真をとろうということになり、米長会長に促されて、センターに。
大変恐縮したのをよく覚えています。

画像


記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

ぐれーとうまくんのComfort Zoneを超えて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる